新食魂島

王様は裸です、と叫びたい夜。

スピッツのここ好き歌詞①

歌詞というものは実はアーティストによって存在の意味がかわるものだという。

ある人にとっては自分の歌声をあわせるため、心地よい音を載せるだけのものであれば、ある人にとっては明確なメッセージともなる。

nirvanaのカート・コヴェインのように歌詞の深堀りなんかされたくもねえという人だっている。

私にとって歌詞とはつい口ずさみたくなるものであってほしいので、言葉にするのが気持ちのいい歌詞を好む傾向にある。

なので以前も書いたがYOASOBIのような書いてあることをそのまんま解釈するしかないものは面白みに欠けると考えるし、ポルノのようにごちゃごちゃ言葉を並べるのも苦手だ。

どうせ斬られるのならスパッと切れ味鋭く切られたい。

そんな私にとってスピッツ草野マサムネの歌詞は、美しい比喩と広がる想像力の世界は、彼がもし美術家になったとしても大成したのではないかとも思わさせられる(草野さんは美大出身です)

そんな彼の優しい世界をいくつか紹介したいと思う。

 

①王様は裸ですと叫びたい夜(YM71D)

 

まずはブログのサブタイ?にも使ってるこれ。この歌詞の前には「言霊を信じれば開けるでしょう」とあるが・・・えこれ王様は裸って言うとマジで王様が裸になるってこと?

王様、のような偉い人が「俺は世界一COOLな服を着ているぜ!」と全裸だ叫ばれたら、うおー王様かっこいいぜ!と返さなければならない、という空気感は身近にも存在する。言っちゃいけないことをいうのは快感だとSEKAINOOWARIは言っていたが、それとも違う、本当に言いづらい事実を言えたらどんなにすっきりするだろうと思うことは誰にだってあることだ。

でも叫びたい だから、言えてないんだよなとわかるわその気持ちと無限に気持ちをシンクロできるのが楽しい。

 

②蓋がしまらなくて溢れそうだよタマシイ色の水(歌ウサギ

 

自分の外部から注ぎ込まれる相手の心や感情が流れ込んで溢れそうになっている。

溢れるほどいっぱいあるけど、蓋が閉まらなくてとどめられない。

うんうん初恋とはそういうものでしょ(多分)

歌ウサギは「先生!好きになってもいいですか?」の主題歌になっているので、そういうテーマで書かれているのだが、おじさんがそれを書くのはちょっと恥ずかしかったそうだ。

 

③見慣れたはずの街並みもド派手に映す愚か者(初恋クレイジー

 

ド派手に映すだけでなく愚か者ときた。初恋が似合う年齢なんて大体バカなんだからねえ。もっとバカになっちゃいますねえ。

 

④あの日の戯言銀の箱につめてさよならさよならネガの街は続く(田舎の生活)

 

この歌は別れの詩である。この詩の後にさよならさよならいつの日にか君とまた会えたらいいなと続くので・・・おそらくは死に別れだろうか。

思い出も何もかもを銀の箱、カメラに詰め込んで、ネガをみて思い出に浸るのだろうか。

 

⑤泣き止んだ邪悪な心でただ君を想うー待ちわびてシュールな頭でただ君を想う(三日月ロックその3)

 

実は何言ってんのかよくわかんないんだwなんとなく好き以上の感想がない。でも好きなんだよね。ちなみにその1,2は未収録です。(めっちゃ短いとかライブの練習でやるとか)

 

 

メジャーなアーティストに抱く私のひどい偏見

偏見。それは一見正しいものの考え方ではないと思われている。

しかし私の中ではその存在を許容しているふしがある。

なぜなら偏見というのは無知からくるものであり、その無知を己が知っている状態にあるならばそれは危険なものではないと思うからだ。

裏を返せば無意識の偏見は最悪である。

アニオタ専用にわかりやすくいうと御坂美琴の言うところの「佐天さんは別よ」だ。本質的にエリートである美琴は友人である佐天涙子をあなたは私の友達なので例外ですが、もし友達でなかったら見下してますという意識の元見ていることがよくわかるが美琴自身はそれを認識していないのだからたちが悪い。

 

それはともかく、今回語りたい各バンド、シンガーにたいする偏見について、こいつはなにもわかってないしょうがないなあで軽く流してほしい。

 

さてまず私の歌手の判断基準の中枢はスピッツである。

歌い方にくせがなく、歌詞はさらっと比喩は多めにといったところである。

 

Mr.children

 90年代やたら比較対象に挙げられたMr.childrenだが、嫌いというのが姉と私の共通認識だ。でも実は蘇生は好き。

姉にどこが嫌いか聞いたことはないが、私にはごにょごにょ長ったらしい歌詞を癖全開の桜井ボイスで歌われるのがなんとも苦手なのである。

歌そのものに温度を感じないのに歌ってる人間だけ汗だくだくな感じがするのがキモイ。

 

ポルノグラフィティ

 オタクがやたら聞いてそうなアーティスト。ミスチル以上に大渋滞を起こした歌詞が効いていて消化不良を起こす。落ち着きのない挙動不審さ。曲に抑揚を感じない、今日国も歌ってる側にも温度を感じない。

 

③BUMP OF CHIKEN

オタクがやたら聞いてそうなアーティストその2。声が陰気くさい。挙動不審。実は天体観測くらいしか知らない。天体観測はなんか2次会かなんかでカラオケに連れ込まれたオタクがその場しのぎに歌ってそうな感じがする。もにょもにょすんなちゃんと腹から声出せ。

 

ケツメイシ

ケツニイシ???スタイリッシュお経。

 

いきものがかり

退屈。味のしないガム。ドリカムから癖をなくした抜け殻。光の当たるところの人間のための音楽。

 

⑥マカロニえんぴつ

勃起したことなさそう。ゴボウさんロック。

 

 

・・・こうやって書いてくとひでえな

アブザンパーミッション:MTG(パイオニア)

いつもの通り実際回したわけではないので・・・たぶん行けると思います、こういうアイデアもあるよ程度に。

 

MTGにはこのような格言がある。曰く

「同じ能力のカードが2種類あればそれはデッキになる」

である。

最近のレガシー環境ではハンデスが弱いとされている。トップから引くカード1枚でメンコされる可能性が高い上に、そもそものカードパワーがどれも同量に強力だかららしい。

なるほど確かにレガシーならそうだろう、そんな気がしてくる。

ただパイオニアならどうだろうか?

イオニアならまだまだカードパワーにばらつきがあるといえるだろう。

そうまだまだハンデスは悪い文明なのだ。

イオニアで使える強力なハンデスカードとしては思考囲いがあるだろう。

ライフ2点を犠牲に1マナで1対1交換ができるナイスカードだ。

サンダージャンクションでの再録で少し値が下がったこのカード、今だけだぞ!!

ちなみに私は再録決定1週間前に1枚シングル購入してしまった、なに致命傷で済んだから問題ない。

 

 

2枚ハンデスなら墓地対策を兼ねる真っ白もあるし、PWならヴェールのリリアナおばさんもいる。・・・ダブリエル君もいるぞ!

 

とはいえハンデスだけでは勝利できない。所詮は1対1交換にしかならないし、ハンデス行為は相手の勝ち筋を潰す、自分の負け筋を潰すためのことであって、自分の勝ち筋を通すものではないからだ。

そこでクロックを追加したいのだが・・・やはりここもハンデスを交えたいところだ。

黒にも帆凧の掠め取りがいるがさすがに1点では細すぎる。

そこで白の出番だ。

もっとも白は疑似ハンデスという形になるのだが、精鋭呪文縛りという3点クロック兼手札崩し要因、そして最新のエイヴンの阻む者

で相手のテンポを阻害しまくる、そしてもじもじしてる相手をよそめに早いクロックを刻んでいくのだ

 

www.hareruyamtg.com

ということでデッキという形にするならこうだろう。

ハンデスカード2種8枚、中隊でハンデスをしながらクロックを刻みドラニスの判事で封じ込めを図る。

雑に相手メインフェイズにえい!すればいいだろう。

 

・・・・・・

エイヴンの阻む者高い!

 

グランドスラム(パイオニア)ネオニューゴージャスエディション:MTGデッキ紹介

shokutamalog.hateblo.jp

 

今回の発見は金色の両翼である。

【MTG】《金色の両翼/Gilded Pinions》[SNC] 茶C

 

なんと装備品のくせに出すだけで無条件で宝箱が生成されるぞ!

ビルギで生成した赤マナ2マナでこれを出す→ビルギの能力誘発で1マナ、宝箱で1マナ(白マナに変換)でトントンなのがいい霊体のヤギ角だと返還に3マナかかるからな!

そして装備品なのでスラムでドローができちまうんだ!

 

さらにニューフェイス!カルドハイムへの侵攻だぁー!

カルドハイムへの侵攻|カードギャラリー|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

手札を全て追放してそのカードは次のターンまで使用可能、そして追放した同じ枚数を引くこのカード。

もともと場に出した装備品を回収する役割のカードがもう少し欲しいと思い、もう一度青をタッチして逆説的な結果をいれたのだが・・・

フルタップの状態でマナがたまっているのにフィルターがないせいで青マナが出せない状態が何度も発生するので、さすがに予想以上のストレスとして逆説的な結果を外すこととなった。

フルタップの状態で赤マナだけ生み出される状況でキャストできないのは雲遊も同じなのだが・・・

そして私が至った結論はデッキを掘る量を多くして雲遊をツモりに行くである。

その過程でなんとかマナフィルターもツモれば万々歳である、結局のところデッキを一発でドカンと掘りたい。

ここですでにデッキに入っているヴァラクートの覚醒(裏面土地、望む枚数デッキボトムに送ってドロー)や萍寄(変換が面倒なのでコピペした、余波で赤+3マナで望む枚数を捨てて同じ枚数引く)でもいいんだけど・・・

このカードは捨てたカードを次のターンまでは使えるので仮に失敗してもワンチャン残るし、なにより残しておきたいカードをそのままにぶっちっぱできるので引く枚数の期待値が他のものよりデカいのもGOOD。

そしてなによりパーマネントなので雲遊で回収することもできちまうんだ。

 

 

サンダージャンクションの無法者からはフォモーリの宝物庫が面白そうだね!

ポケカ初心者がシティリーグに乗り込んで引退を決めた話と英語のスピーキング

 

私はMTGをプレイしているが、このゲームにはヴィンテージ、レガシー、モダン・・・とそれぞれ例外を除いてすべてのカードが使えるレギュレーション、ヴィンテージの中から強すぎるカードを禁止カードにしたレギュレーション、2003年以降に発売されたカードが使えるレギュレーションがある。

高額カードが跋扈するゲームという印象が強いこのゲームだが、ヴィンテージともなると100万越えのBlackLotusを筆頭に50万以上するMOXシリーズが使えるともなるのでガチデッキを組もうとすると平均的なサラリーマンの年収越えをしてしまうこともある。

よくヴィンテージや10万近くするデュアルランドが欲しいレガシーは手が出ないという人がいれば、私からすれば別にそれらのカードを使わなくても多少の劣化を覚悟しておけば十二分に強いデッキは組めるし、なによりデッキがあればそのレギュレーションを楽しむことができると思っている。

少しずつ楽しんだうえでおいおいどうしても欲しくなったら高額カードをそろえればいいはずだ。

なので私の基本スタイルは

「あそびなんだからどんどん挑戦したほうが楽しい」であるといえる。

 

さてポケカ初心者の件は、失礼だが投稿者に問題があると思う。

デッキの基本的な動きを理解していないからスロープレイを指摘されやすくなるし、基本的なルールも身をもって体感しないうちに競技度の高いシティリーグにでたのはそれは相手もすこし態度がきつくなることもあるだろう。

今はさすがの田舎でもカドショくらいはあるのだからまずはそちらから参加して優しく教えてもらえる可能性を少しでも伸ばすべきだ。

 

ぽけ●んの掲示板でサッカー大会に参加してきたけどハンドしまくりのやつが乱入してきたとなれば楽しくもなんともないというコメがあったが的を得ていると思う。

 

ツイッターの返信を見てもそう考える人が多いので、おそらく彼らは「場にふさわしい正確さ」を求めているのだろう。私もそうだ。

 

さて、これがどう英語の発音につながるかというとだ。

よく英語を話すときには「発音なんか気にするなジャンジャン話せ」という人がいるが私はこれに反対する。

挑戦しろ、じゃんじゃん話せという部分は同意するが正確さ、発音や文法は大いに気にすべきだ。

支離滅裂な日本語を話す外国人となんとか会話を成り立たせる、というのはよく聞く話だがそんな時日本人はとてつもない疲労感に襲われるはずだ。この立場をひっくり返せばしっちゃかめっちゃかな英語を話す日本人との会話は外国人にとって苦であるのは想像に難くない。

 

なので何か始めてやることに関してはじゃんじゃん挑戦していいが、その事柄の正しい立ち振る舞いは大いに学ぶべきという話が実はカードゲームと学習の間に横たわっているのだなと言うことです

カンニング竹山「古文なんて役に立たない」を論破してやろう。

そして竹山をただのアブラマシマシにしてやろう。

フルチンだかなんだかしらない社会学者?多分抱いたぜ。

 

・・・まじめにいこう。

最初にキャッチ―なフレーズをぶち込んでおけばマンバズ確定なので

 

役に立つか立たないかなどという考えは学問の前では下賤な考えである

 

と主張しよう。

役に立つ、立たないという議論はまずバカげているのだ。

どの学問も役に立つといえば立つし、立たないといえば立たない、どの立場に立つかで変わるものだ。

その中で何を学んで学ばないかを取捨選択するかはどの程度「直接的に」生活に有用かで決めるしかない。

そしてこの「直接的に」役に立つという概念は甘言であり、短慮な人間がこれにとびつくのだ。

その筆頭が英会話である。

英会話は現代では触れ合う機会の多い英語話者との対話という、ひどく単純に、眼に見える形で表されていて確かに必要課題のように見える。

私の考えでは、会話を充実させようとするより文法や地道な英作文をはじめとする読み書きの技術の習得が最優先だと思っていてその充実が会話の充実にもつながると確信している。

このように会話においては間接的に役立つ読み書きの技術が結果的に目的の実現に有効なのだと主張したい。

 

さてその考えにおいて古文はどうだろうか?

特に現代会話で多く使われるわけでもなく、古文の文法を知ったところで現代の言葉の理解につながるとも思えず、なにがいとをかしだよとなる、まるで直接的有用性を見出すことはできない。

しかし、古文・漢文における思想は現代にも脈々と流れているし、古文の言葉における日本的美の思想は日本人という人種がどういったものを好むのかをより明瞭に映し出している。

夏の夜に蛍が一匹か二匹、ごく少量飛んでいる、秋の夕暮れに雁が遠くの空に消えていくのが風情があると感じるのも詫び寂びを信条とする日本人だからこそだ。

つまり古文とは精神である。精神の修養は人としての健全な心の維持である。最高じゃねえか。

 

さてここでさらに批判が来ることが1つ予測できる。

その精神の修養とやらが大事ならそこだけ抜き出して文法などやらんでもいいじゃないか、と。

 

やはりそこは俗人の浅ましさ(って海原雄山が言ってた)

学問において、いや人間が生きる上に置いて重要なのは知ろうとする心である。過程を軽視して結果だけを重んずれば必ず滅びるだろう。

 

古文の文法など見てもよくはわからぬ。

わからないのだから知ろうとする、それがテストでしか使わないだろうと思っていてもである。

殺せんせーも言っている、学校で習ったことなんぞ忘れてもいいと、同じルールで競い合って脳を強くするんだと。

私も同意見だ、学校のお勉強なんぞ最終的に忘れてもいい、ただし何か知りたいことがあったとき正しく知ろうとして正しく努力できればいいと思っている。

 

例えばAという項目がありAに至るまでの考察で1,2,3の要素があるとして2の考察は間違っているものとして棄却されたとする。

よく主張される効率の良さを考えると、「Aという主張は1,3の要素でできています、2はどうでもいいです」と扱われがちだ。

 

しかし2という要素をなぜ間違っていたのか、どこを直せばよさそうかを考えた人は、別の学習でその反省を生かすことができる。うわっつらの要素だけ取り出した人間にはこれができない。

これこそが学びである。

 

古文でもし現代語訳だけの学習をしたならば、言葉が意味することも真剣に考えないだろうし、違う文章で同じ文法が使われててもなんとなくでしかそれを認識できず応用が効かないだろう。

文法や言葉の学習そのものが役に立つ人は少なくても、学習の家庭が役に立つ人はごまんといるのだ。

 

結論として、少なくとも英会話よりは国際人としての教育に有用である、だ。

英会話英会話とうるさい人は欧米化と国際化を混同しているのだろう、美味しんぼでいってた。

グランドスラム(パイオニア)、ダイエットする:MTGデッキ紹介

shokutamalog.hateblo.jp

 

前回までがこれ。

ぶっちゃけ過去の記事を見てほしくもあるがこのデッキは

 

①上級建設官、スラム(装備品、オーラ、機体がでると1ドロー)と語りの神、ビルギ(呪文を唱えると赤1マナを加える)をそろえる

②0マナ装備品を出してドローマナ加速、回収カードと赤のドローカードでデッキを掘る。マナの色は霊体のヤギ角で解決

③デッキを掘りきると、伝承のドラッキスを使って回収カードを回収し、スラムも回収すると、ビルギでマナが発生し続ける+回収カードを回収するで無限ループするので、苦悩火でフィニッシュ、不安ならタッサの神託者もいれておく。

 

こんなコンボデッキである。

このデッキを久々に回したところ色事故の嵐を引き起こしたことに私は憤慨した。

曰く「私の完璧なデッキが事故るはずがない、これは不運(ハードラック)と踊っちまっただけだ」と。

しかし何度回しても事故る、コンボもうまくいかない。

そして致命的な事故要因に気づいてしまう。

 

こいつだ。

効果自体はとても有用だ。しかし、雲遊+へいき(変換面倒なので市内)という

マナコストが軽く、カードを引くこと自体もこれで解決するカードがある以上、逆説的な結果は過剰なカードであるといえる。

改めて考えると雲遊のモードは持ちろん余波の効果も十二分に強力であると今回気づかされた。

その上でリストを見ると、ジェスカイカラーである必要がないことに気が付いた。

伝承のドラッキスは青を含むカードだが変容コストなら赤マナだけでなので問題ない。

土地の22枚から青が排除できたらマナベースが非常にすっきりした。デッキの構成上1ターン目はタップインで問題ないが、2,3,4ターン目のタップインは困るので、ショックランド4枚、小道4枚にファストランド4枚M10ランド3枚に基本土地、タップイン許容できるスペースがあるので隠された火山をお守りにいれた。

余談ではあるが、3年前購入した感動的な眺望所が当時の3倍の値段に跳ね上がるのはこの李白をもってしても見ぬけんだった。

 

逆説的な結果を消すことで空いたスペースには、伝説のカードをサーチできる栄光の探索、上から5枚みて歴史的なカードを加えるウェザーライトへの乗艦を加えてデッキそのものの安定を図った。

そしていくばくかの整理をして、スラムとビルギを守る救済の波濤を刺しておいた。

その結果がこれである。

www.hareruyamtg.com

いい加減デッキを画像リストで表示してくんねーかな。

 

やることは変わらないが、マナはあるが回収カードが引けない、そのときは「へいき」の余波でルーティングしよう、ハーンフェルで消耗しきってたら諦めるしかないが。