新食魂島

王様は裸です、と叫びたい夜。

麻雀は確率が収束したときの実力が大事か?

結論からいえば、大事です。しかし私はそんな話がしたいのではないのです。ならばなぜそのタイトルにした、とおしかりを受けそうですが、格好つけたかっただけなんです。

私がしたい話、それは実力云々いうと頭おかしくなるからその場のハッピーポイントの多寡で楽しもうという話だ。

 

運の上振れ、というのは実力を鑑みるうえでは邪魔なファクターだが、ハッピーという点では最も重要なポイントだ。

吸い付くような牌の流れ、どう適当に撃っても形になる、振り込まない、これが気持ちいい、私は気持ちよくなりたいがために麻雀をやる。

もう実力云々なんぞかなぐり捨てて久しいが、それでも不必要なパオ、暴牌、咲かぶれが大好きな無駄なカンはしない。

特に無駄なカンをする奴は滅びてほしい。雀魂銀の間でもまだいやがるんだ。この手の批判をすると、人のスタイルに口をだすな、というバカが湧くが、自由と身勝手の区別がつかないならお家から出ないことをオススメする。

 

さて、確率の収束の話である。

これは大数の法則によるものである。

wikiコピペ

独立同分布に従う可積分確率変数の無限列 X1X2, … が与えられたとき、その平均を μ とおく。標本平均

のとる値が平均 μ の近傍から外れる確率は、十分大きな n を取れば、いくらでも小さくできる[3]

これを大数の弱法則という。また同じ条件下で、n → ∞ とするとき、  は μ にほとんど確実に(almost surely, 確率 1 で)収束する[4]

これを大数の強法則という。

 コピペここまで

 

標本平均とは、ある大きなデータからいくつかを適当に取り出したものの平均である、Xnとは無限個のデータからn個とりだして、それらを全部足してn個で割ったもの、つまり我々がよく知る平均そのものだ。

Pというのは平均μのまわりから外れる確率を示すパラメータで、6行目の数式は標本平均から全体の母平均μから引いたもの、それの符号に左右されないよう絶対値をつけ、それよりも小さいεという0より大きい幅をもってきたとき、nが十分に大きいものならば、ばらつきの幅は限りなく0に近づくということだ。

下は、ばらつきがなくなった時、Xで起こりうる事象すべてが起こりうる確率をPで表している。

また弱収束のほうに中心極限定理があり、ぶっちゃけてしまえば、大体の確率は標本がでかければテンプレになる、すなわちよくある確率になるよっといっていいだろう。

 

これらのロジックで、考えてみよう。

まず実力を反映するものは着順でいいだろう。麻雀が点棒をいっぱい集めるものではなく一位を目指すものだとするならばこれが妥当だ。

・・・しかし母平均が存在しない。母分散すらわからん。

少なくとも、母平均は中心極限定理より正規分布に近似することは確かで、適当にとった標本の数が十分に多ければこの標本平均は母平均に収束する。

この時は分散はχ^2分布し、(かいにじょう)不変分散s^2=1/(n-1)×Σ(i=1;n)(Xi-X) ただしXiは標本の値、Xは標本平均であるが、この不変分散から母分散を推定することができる。

また母平均の信頼区間は普遍分散を用いることでt分布(スチューデントのT分布)で求められる、これで95%、98%の精度で母平均の信頼区間が求められる、とはいえ標本平均を母平均としてもバチはあたらないだろう。

分散を推定することで、平均とあるプレイでの自分の着目との差が分散の範囲内であればまあまあ実力通りに打てたといえるし、はみ出すことがあれば超幸運、もしくはクソガバであることがわかる。

母平均が2.5以上なら負けてる、以下なら勝ってるとも判断できる。

 

そんなに統計ができたわけでもないのに書いたので間違ってたらすまない・・・

カツカレーが食べたい

年末から、いやそれより以前から親父と「カツカレーが食べたい」という話をしている。幸いにも近くにココイチカレーがあるのだから、言って食べてくればいい。

終わり。

 

とはならないのが私という人間である。以前も行ったのだが、私はココイチをクソ扱いしているのだ。

shokutamalog.hateblo.jp

 

ココイチのカレーというのはお家カレーの範疇を少しはみ出したお店カレーとでもいうもので、それはカツと積極的にあうと思わない。

そもそもココイチのカツはカツ!という感じがしない。

もっとカツがカツとして主張してほしいのだ。

その点では松乃家も同じだ。カレーはザ・お家カレーという感じでとてもいいのだが、カツの主張がいかんせん弱い。

 

とグダグダ行ったところで気づく。そういったお店を除くとどこでカツカレー食えるんだ?と。

地味にありそうでないファミレス、トンカツ専門店。

町の大衆食堂にならあるのだろう、そして私の住むエリアというのはそういった店がまだまだ残っている。しかしだ。大都会はどうだろう、そういったお店がなくなって大資本の店が入る。そうなるとカツカレーを食う機会はそれこそココイチになってしまうのではないか・・・

 

いや、ある。現代に残る大衆食堂、どこにでもあって大衆的。

そう、高速のSA飯だ。ここでなら確実にカツカレーがある。そしてなにより、ソフトクリームを食後に楽しむことができる。これだ。

SA飯は地味に豚汁定食も好きだ。これも現代の大資本様では決してしてくれなくなった、古き良き日本を映すものだ。ごはんじゃなくおむすびだったらさらに最高だ。

ご飯におかず、汁物。完璧な組み合わせだ。男たるものこうでなければならぬ。ああ漬物も忘れてはならない。

 

カツカレーというものにどうしてこうまで心惹かれるのだろう。

家庭の食卓の主役を張れる二人が、同時にでてくるからだろうか。反町隆史と水谷豊、そんな組み合わせな気がする、よっ暇か?

ああ、辛抱ならん、カツカレーが食べたい、福神漬けも食べたい。たくあんでもいいぞ、ふふふ。

僕のHEROデッキ(アカデミア産):グロい白馬にまたがって、待って待ってと連呼した(遊戯王)

本日も、HEROデッキの話をしよう。

まず、新年になったからにはこれに触れないわけにはいくまいにと。

 

f:id:shokutamalog:20220109182501j:plain

呪!フュージョンデステニー禁止入り!

現環境におおくいた(と思われる)HEROはこれに大きく依存するところがあり、また単体でもお手軽デスフェニ出張ができてしまうこのカードの禁止は、多くのHERO使いの心に「dead.」と思わさせられただろう。

このカードの制約は発動後、闇属性のHERO縛りが発生するものなので

展開の最後に発動する、

最初に発動しても問題のないように組む、

どうせファリスで制約がかかってる

のように、あってもなくても大して変わらないようにするので、実質ないようなものである。余談だがファリスの制約は特殊召喚効果の①では発生せず、②のセット効果の制約で発生するものである。

いつも①の効果の次に即②の効果をつかうことになるため勘違いしてる人が多いんじゃないかと思う。というか普通そう思う。①の効果目当てで使う変態は私だけでいい。

 

さてそんなpervertな私にとってフュージョンデステニーは・・・

やはりどうでもいいと思うものである。

理由は簡単である、あのクソ弱いHEROリンクモンスター使いたくないからだ。

そんな偏屈な考えで組んできたデッキの変遷は

 

リンク時代でバハシャ餅→ナチュビなどのシンクロを入れたもの→サベージドラゴンも共存させたバハシャ餅→アウローラドンを使ってサベージとコズミックブレイザーを並べる→ダークロウとBlooDを並べるやつ→ダークロウとBlooDとバハシャ餅とメルカバー並べるやつ

 

となっていた。

それをみたD氏「これのどこがHEROだ」

もっともである。

コズミックブレイザー型ではボウテンコウの力を借りたし、やはりパワーカードは強かった。どれも組んでて楽しかったのは確かなのだ。しかしHEROらしくない。

そして組みなおしたのがこちらだ。

www.db.yugioh-card.com

なにやら不穏な鎌みたいなモンスターや、毒々しいドラゴンがいるがそれはそれ。

 

MAX展開には、アライブ+D-HEROが必要となり、その場合EXゾーンにクロシープ、場にダグザ、デスフェニサンライザー、伏せデスサイズ、相手の場にダークエンジェルという構成になる。+札でダークロウも立てられるはず・・・

 

装備カードを5枚、レベル4を安心して出せるよう入れているが、蘇生札+デュランダルはいい、再融合は・・・となるのだが、他に入れておけるようなものがないので仕方がない。一応デスフェニを蘇生、効果でデスフェニが破壊される分には除外されないので(再融合が破壊されると除外)いらないけどいれないといけないので我慢する。

この型にしたことで誘発を入れる枠(まあ抹殺の指名者制限で空いたんだけど)も増えたので、よくわからんがとにかくよし!

最終的にサメとハンマーはシンクロします:MTGパイオニア

サメについてはこれまで書いてきた謎の英文記事で、使用することになっているのでそのうち買う。まだ買ってなかったのかとは言わないでほしい。

 

サメ、といえばサメ映画で、サメ映画といえば男の子が大好きなものの永久欠番ともいえる存在だ。海でしか生きられないサメが陸上にいることを正当化されるのがサメ映画の世界だ。

そしてハンマー、これもみんなが大好きなものだ。スマブラでコレが出ようものならば皆我先にと飛びつく(そして間に合わなかったものから順に吹っ飛ばされる)し、ジェレミー・クラークソンのようにハンマーさえあればなんでも解決できると思うのが男という生き物だ。

 

つまりこの二つが合体したらどうだろう、さぞかし愉快ではないだろうか。

 

というわけでこの二つを組み合わせることをいかに正当化するか考えていこう。

 

f:id:shokutamalog:20210921203659p:plainf:id:shokutamalog:20211022202318j:plain

まずハンマーを持たせるとサメの持つ飛行能力が失われる。なのでブロックによる回避を相手に許してしまう。そもそもパイオニアの時点でハンマーを持たせるのに適したクリーチャーがいて、それらとシガルダの助けを用いて速攻で相手を潰すのがハンマータイムの真髄であり、サメ台風のような悠長な戦術に用いられるカードとの相性など言うまでもない。

 

設置を考えないのならサイクリングで鮫を生み出すことになるがわざわざ3マナ払って1/1飛行では割に合わない。

以前投稿した

shokutamalog.hateblo.jp

これでは、パラドックス装置を用いて無限マナを起こしているが、今回は採用したくない。ソリティアというより無限ループなので、回してて楽しくなかったからだ。

 

となるとやはり上級建設官、スラムや逆説的な結果、鼓舞する彫像を用いたループものがいいだろうか。

ゲームスピード的に、コンボに入るまでの猶予ターンは4ターン、すなわち5ターン目には勝てる状況にしておきたい。

 

まだまだ全然案がでてこない、どうしたものか・・・・

えんとつ町のプペル:ファンタジーかリアルか?

DVDがレンタルになったので、借りてきました

f:id:shokutamalog:20211208200730j:plain

本当は見に行きたかったのだが、あのうさんくさい西野に金が入るかと思うと、とても嫌な気持ちになったので断念。

嘘です、見に行く金がありませんでした。

 

まずこの作品を見るうえでは、多少のご都合主義には目をつむるべきでしょう。

 

10代以上も前のえんとつ町が恣意的に閉ざされた町であるという秘密を守るため、その秘密を暴きかねない危険思想を取り締まる異端審問会とかいうヤバすぎる連中に、その秘密を知らせるとどこかで漏洩する可能性があるし、知らないでやるとしたら町人への高圧的な態度が説明がつかないで矛盾しそうだ、とか

 

ラストの場面、絶対船も巻き込まれる規模の爆発だよね、とか

 

異様に説明口調で全部設定喋ってくれるよね、とか

 

気にしてはならない。

 

でも挿入歌もEDもクソダサくてわざとらしいっていうのは気にしていいと思う。

 

論点を絞るために、タイトルのとおり、ファンタジーかリアルか?ということを書こうと思う。

まず主人公は・・・えーと・・・

 

名前忘れました、ルッコラ君みたいな名前なのでルッコラとしましょう。

例えば、タイトルのプペルというのは偶発的に誕生した、ゴミ、金属のガラクタで体が構成されたゴミ人間であるが、彼の存在はファンタジーそのものだろう。少なくとも作中でもファンタジーとして扱われている。

彼にはおそらく隕石と思われる心臓、ルッコラ君がなくしたブレスレットが脳として埋め込まれている。

このブレスレットが脳であることを示すシーンは非常に流れがいい加減でまるで設定資料をしゃべっているようだったことはご留意いただきたい。

 

さて舞台であるえんとつ町は、リアルよりである。町の作りは非常にファンタジー的ではあるのだが、文字に漢字が使われていて、それが我々を思いっきり現実に引き戻してくれるのだ。

つまり舞台はおとぎの国ではなく、我々の世界と陸続きのリアルな世界であることを示してくれる。高いところから落ちれば死ぬし、水にぬれたまま放置すれば匂う。

 

しかしこの映画の中には、現実的な世界のはずなのにものすごくファンタジーくさいシーンが3つもある。

1つは最初のトロッコのシーンだ、ギャグのように配置されたトロッコピタゴラスイッチして、イカれた敷き方をしたレールの上を大滑走していく。

 

2つめは、煙突管理で皆の中心的存在となっている男、ダンが異端審問者に吹き矢で狙われ煙突から転落するシーンだ、このシーンはものすごく高いところから落ちてきたのに、おっさんの腹クッションで衝撃を和らげている、いや無理だろ。

 

3つめはクライマックスシーン、上空の激しい風にルッコラ君が投げ出されるも、なぜかロープが切れず、飛行する船に戻ってくるシーン、えぇ・・・

 

これらの何が悪いかというと、作中の世界、映像づくりとマッチングしていない。ディズニーのそういったシーンはディズニーのあのキャラクターデザイン、世界作りだからこそ成り立つのであって、そうでなければピタゴラスイッチの世界にリアリティなど感じるのは無理だ。

 

作中の敵役?である異端審問会にも無理がある。

危険思想の取り締まりとはいうが、そもそも危険思想をする奴がルーベラ君の父親ローマンくらいしかいなかったのだ。

つまり何を取り締まる必要があるんですか?となる。

敵の存在に無理がある、つまり敵の存在意義が危ぶまれることは作品の崩壊に等しい。

 

一番の違和感は、挿入歌である。

ダサいとかそういう以前に、それが流れている間の演出もかしいのだが、その演出とも全然マッチングしていないため、なにか奇妙である。

 

ここまで酷評だが、良い点を挙げると、はしごを登るときに下をみてしまうが故に高さの恐怖心に怯えていたルバーブ君が、しっかりと上を向き高いところへ登っていくクライマックスシーンはよかった。これも上を向いて歩こう的なメッセージなのだが、それを行動によって示したのは正直に言い展開だと思う。

 

総評:母が先に見た感想「普通」ぼく「微妙」

体罰に関するよくある勘違い

体罰に関する話題を二項化しようとすると、体罰完全否定派とある程度のものは容認する派と分けることになる。

 

体罰完全否定派はわかりやすく、この世のありとあらゆる体罰、もしくは類似行為を否とする考え方をする人たちである。

ではその一方は体罰容認派ではないのか?と思われるかもしれないが、そもそも体罰容認、といってしまうととにかく殴って言うことを聞かせろという主張のようになってしまい誤解を招いてしまいかねないので、ある程度は容認すると表現させてもらう。

 

私の立場をはっきりさせるなら後者のものであるので、体罰完全否定派の方の立場は類推になってしまうことをご了承願おう。

そんな私の立場において、体罰と暴力は明確に区別され、体罰は罰を与えることで教育的効果があるものであると捉えている。

 

これを否定派は

・線引きが個人に委ねられるのなら人格に問題のある人間がするのは危険ではないか

・未熟な人間に対して暴行することが認められるはずがない。

・ほめて伸ばすほうが有意義

 

といった考えを持っていられるようだ。

 

最初に教員が児童生徒に与えられる「懲戒」を整理しよう

 

居残りをさせる〇

授業中教室から追い出す×

給食を無理やり食べさせる×

授業中起立させる〇

肉体的なもの×

 

と俗に言われる体罰は禁止されているのは確かである。要は話でなんとかしろというわけだ。

体罰否定を唱える人は性善説を支持するのだろう。

しかし現実はどうだろうか?手をだせるものなら出してみろと言わんばかりの傲慢な態度をするもの、未熟、そして頭が悪い人間が邪悪な考えに染まった時、いかに愚かになるかをわかっているのだろうか。話をしよう?誰が聞くんだお前のつまらない話なぞ。私はまずお話を聞いてもらうためには意識を自分の側に向けてもらわなければならないと思う。そして一発のビンタは千の言葉より言葉を伝える。

もちろんそれによって教員はなんらかの罰をうけるべきなのは確かである、避けれるのであればそうするに越したことはないのも事実なのだ。

 

教員の人格がー、などと抜かすが、教員は人格破綻者だけではできていない。周りが注意してれば不必要な体罰は避けれるし、そもそも殴るやつは禁止されようと殴るのだ。

そんなアホのために裁量権をわざわざ狭めるようなことをする必要がどこにあるのか。

 

正しい精神、というのは教員採用の時点で十分確認できているはずだ、それが機能してないのであればそちらを変えるべきだろう。

 

さて、本題というかタイトルの勘違いというものにいこう。

体罰否定派は

体罰」によって「子どもを伸ばそう」とするのは悪である。

それをするならほめて伸ばすべきだと主張する。

 

このほめて伸ばすというのは、プラスなものをさらに伸ばす、得意なものをより得意にするという面では有用だ。自己肯定感をはぐくむことは人間性を高めることにつながる。整理すると、加点要素をより増やそうという考え方だ。

しかし体罰を容認する側の人間は、罰を与えることはマイナスを潰すために有用だと主張しているのだ。

つまり欠点となるところを潰すことで、学校の勉強に例えるなら苦手強化潰しのようなものなのである。いうなれば減点要素を減らすことでベースアップを図るのだ。

要するに体罰否定派の人は往々にして、容認派の容認する理由を勘違いしているということだ。

そこですれ違っているせいで議論が成り立たないというのはよくあることではないだろうか。

 

結局のところ、私には、体罰否定派は子どもの邪悪について理解が低いのではないかと思う。そしてもっと言ってしまえば人間理解もである。なんというか温室育ちの温室しか知らなさそうな人間の宣い事にしかみえないのである。話し合えば解決するなら犬養毅は暗殺されていないのだ。

青単〇ンポ:MTGパイオニア

皆さんはクロック・パーミッションは好きだろうか?

私は大好きだ。

積極的に殴っていくアグレッシブさ、相手の動きに嫌がらせをするニチャりムーブ、どちらも兼ね備えている。

ドミナリア期のスタンダードに青単テンポというデッキがあった。(この時代の緑単をリスペクトしたデッキも持っているが、あまりのゴリラさに記事を書くべきか迷っている)

優秀なマーフォークと、大嵐のジン

f:id:shokutamalog:20211122221951j:plain

なんか、闇落ち江頭2:50という風貌だが、これらのカードで殴り、潜水やカウンタースペルで身を守る、執着的探訪でアドをとり・・・

ようするに、ゲームを成り立たせる要素を全て取り込んだ美しいデッキ、それが青単テンポというデッキだ。

ラヴニカのギルド、献身でプテラマンダーという優秀なアタッカーを得、より強化されたこのデッキはドミナリアのスタン落ちまで駆け抜けた(と思う)

 

このデッキの嫌な意味での特徴として、お財布に非常に優しいところがあげられる。

大嵐のジンを活かすには島以外の土地カードを入れる余裕はない、つまり土地はすべて基本土地でいいのに加え、レア以上のカードで、このデッキにあうものが少ないため、大体アンコモン、それこそ100円で買える程度のカードだけでデッキがそろってしまう。

この時期の私はラヴニカのショックランドにお熱で、「単色?つまんなさそう」などと言うタイプのオタクだったので、まず構築意欲すらなかった。

 

さて、モダン以下にはこのようなカードがあった。

f:id:shokutamalog:20211122222942p:plain

秘密を掘り下げる者。通称デルバーと呼ばれるこのカードは、裏面では昆虫とこの青い服着たハゲとの合体♂後の姿になっており、スタッツも3/2飛行と1マナとは思えないスペックをはじき出している。

このカードを主力にするデッキがかつてのモダンでは存在したが・・・

したが、と過去形なのはすべてこいつが悪い。

f:id:shokutamalog:20211122223252j:plain

一応共存はできるのだが、1マナ、2/1のスタッツによくわからないインクの染みが2つも付いているモダンホライズン2最強のウッキーエテ吉氏(仮名)

f:id:shokutamalog:20211122223453j:plain

(パックから出たので7000円で売れてメシウマ)

この2人によって、デルバーさんは見る影も髪の毛もなくなってしまった。

モダンの青黒デルバーで「赤か白混ぜないと弱い・・・」などともにょもにょしてた私には「なんだよこれ、青黒じゃただの劣化にしかなんないし、かといって赤にタッチするとこれ入れない理由ないじゃん・・・」としかならずしばらくはデッキをいじる気さえなかった。

 

しかし、デルバーは滅びていなかった(髪の毛以外)

なんと「イニストラード:真夜中の狩り」に収録が決定、スタンダードとパイオニアでもこのハゲを使うことができるようになった。

そう・・・モダンでダメならパイオニアならいける、そしてあの頃遠目に眺めていただけの青単テンポを組むしかない、そう思った。

どこかに参考になるレシピはないか探したが、ヒストリックのものが多く、なんかあんまあてにならないなと思ってしまった。

 

というわけでデッキレシピがこちらである。

 

土地(20)      クリーチャー(12)  呪文(28)

島     19   プテラマンダー   2   選択      4

神秘の聖域  1   秘密を掘り下げる者 4   考慮      4

           大嵐のジン     4     異世界の幻視   2

           逸脱した研究者   1   執着的探訪   4

           完成態の講師    1   潜水      2

                         呪文貫き    2

                         高尚な否定   4

                         火消し     1

                         非実体化    2

                         任務説明    1

                         金玉漂流在外  2

 

 

逸脱した研究者・・・完成態の講師?

なのは重々承知だ、この2体は秘密を掘り下げる者のメガサイクルとなっていて

秘密を掘り下げる者(表面)が昆虫人間になり(裏面)、その昆虫人間がさらに研究を重ねて逸脱した研究者(表面)となり、さらに研究の成果で完成態(逸脱した研究者の裏面)になる。この時点でもはや自我はなさそうで研究をすることが目的のモンスターとなっている。その様子が完成態の講師(表面)で人間をとらえて実験しようとしてるのを見ることができ、その研究の果てにエルドラージ(裏面)となってしまう・・・

というストーリーが描かれている。

 

f:id:shokutamalog:20211122225102j:plain

繰り返しつくしたものは1/1の人間・ウィザード(すなわち人間だった頃の自分)を生み出し、それを強制的に虫にする(能力補正と飛行付与で秘密を掘り下げる者の裏面と同じスタッツ、能力)というおぞましい生物で、こんな気持ち悪いのさぞ強いんだろなーとなるところだが、ならなかった。

このカードは100円もいらず買えてしまう、いわゆるクソザコナメクジだ。

なので真面目にこのデッキを参考にする人がいたならば、こいつらは抜こう、枠潰しでしかない。

 

正直、カウンタースペルについてはいくらでも環境に合わせていくべきであろう、というか大体適当である。

任務説明は、特にいれなくてもいいのだが、なんか瞬唱の魔道士みたいな動きがしたかったから入れている。

瞬唱もイニストラードで再録される、と噂があったがどうやら噂止まりのようだ・・・

 

プテラマンダーの採用枚数だが、4枚あるとなかなか順応できずただの飛行1/1でしかなく邪魔だが0枚だとさすがにクロックが足りない、痛しかゆしといったもので、非常に悩ましい。霧まといの川守りとの変更も考えられるだろう。

でも勝っちゃったからプテラマンダーにする。